八戸ビッグバレーとは

同じ志を持った仲間と出会うことで生まれる『アイデア』がある
仲間の価値観に触れることで生まれる『新たな夢』がある
切磋琢磨しあうことで生まれる『向上心』がある
互いに手を取り、成長し合うことで
道は更に大きく拓ける
そして、地域はもっともっと元気になる

◆名称の由来

八戸ビッグバレーネットワーキング

2009年11月5日大谷真樹氏の呼びかけにより、情報交換の場として12月14日「第ゼロ回ネットワーキング」と題してスタート。

 

その後「ふるさとへUターン」するという意味で「ふるさたーん」にモデルとなったアメリカの「シリコンバレー」渋谷の「ビットバレー」を合わせて『ふるさたーんバレー』と仮称し活動の場を広げていく。


2010年3月5日「ふるさたーんバレー」の名称を「ビッグバレー」に変更。


「ビッグバレー」という名前には、実はこの会の創始者である「大谷真樹氏」の大(ビッグ)谷(バレー)という言葉が隠れていることがわかる。


故郷の八戸を愛し、故郷の活性と発展を願い尽力している大谷氏への感謝の意を込め、この名称で活動していくことを決めた。またスタート地点としてのビッグバレーという意味も込めている。


大きな谷に集まった力がどれだけ上を目指し、どこまで高い位置へ行けるか注目していきたい。
                                       (運営事務局より)

◆参加資格

・新たな事にチャレンジしたい ・皆から刺激を貰いたい・起業を志している

・志高く地域を変えていきたい ・経営革新を起こしたい ・同志をみつけたい

・地域の活性化に貢献したい  ・経験やスキルを活かしたい

◆参加ルール

・交流・情報交換の場ですので、必ず名刺をお持ち下さい。
・交流会での強引な勧誘活動や一方的な営業などの迷惑行為は一切禁止とします。

◆参加にあたって

八戸ビッグバレーは、参加された有志の方々のご理解により健全な運営ができております。

 

当ネットワーキングの趣旨に賛同できる方に参加していただき、円滑で良質な交流の場を確保して参りたいと努めており、そのため、参加に際しては『参加者のご推薦による紹介制及び運営事務局による承認制』の形式を取らせて頂いております。